エヴァンゲリオンから紐解く~大嫌いなお父さんに似てる人を彼氏に求める理由

「残酷な天使のように、少年よ、神話になーれー♪」
歌詞を見ただけで、つい口ずさんでしまう方も多いのではないでしょうか?言わずと知れた、エヴァンゲリオンのオープニングソング「残酷な天使のテーゼ」ですね。ところで、エヴァンゲリオンを観たことはありますか?世代が少しずれると、前述の歌だけを聴いたことがあるというくらいかもしれません。エヴァンゲリオンは名作中の名作と呼ばれる所以があります。それは人間模様を鋭く描いているところです。タイトルの「父親に似た人を好きになる」という話がアニメの第15話にあります。それを活学的に見てみると?を今回お伝えします。

関連記事➧エヴァンゲリオンのアスカの廃人っぷりから学ぶ!完璧主義の理由と克服方法

お父さんに似た人を求めていたミサト

pexels-photo-186521-large

友人の結婚式のあと、旧友たちと3次会をしたミサト。親友が気を遣い、先に帰ります。元カレと2人きりではしゃいだせいか酔い潰れてしまいます。ミサトは元カレに介抱されながらも、自分で歩きはじめます。そして、突然、元カレに「あのとき、ごめん」と語り始めます。8年前にミサトは「ほかに好きな人ができた」と別れを告げました。それを、嘘だったと明かします。本当は、元カレが【お父さんに似ている】ことに気付いたことが原因だと告白します。父親を憎んでいたのに、男に父親を求めていた自分を怖くなったと言います。自分が女であることも怖いと言います。そして、いま・・・元カレに告白し、男性に都合よく甘えようとしている部分も許せないと責め続けます。元カレは「いいんだ」と許しますが、ミサトは聞きません。最後は、元カレがミサトの口を封じるためにキスをして、話は終わります。

「父親と似た人を好きになる」女性が多い

child-355176_960_720

よく「お父さんに似ている男性を好きになる」という話はまことしやかに語られています。実際にそういったアンケート結果も出ているようです。心理学的にも以下の理由から、お父さんに似ている人を好きになると言われています。

「最初に接した異性が父親だから」

pregnancy-775041_960_720

最初の恋のライバルはお母さんと言われるくらい、女の子はお父さんを好きになるそうです。異性の親から、将来のパートナー像というものを創り出すがゆえにお父さんに似た人を好きになってしまうそうです。

「自分にも似ている部分があるから」

sky-people-whitespace-freedom-medium

冒険好き、旅行好き、真面目、お調子者、困っている人を放っておけない、目立つタイプ、目立たないタイプ、いじめっ子、いじめられっ子、まとめ役・・・その他にも、食べ物の好みだったり、癖だったりと親に似ている部分があなたにあるでしょう。そうなりやすい環境下にいるのと、似ている方が類似性の法則に引っかかり、親からの愛情を受けやすくなるから無意識のうちに親に似ます。そして、自分も類似性の法則で似た人を好きになるから、結果としてお父さんに似ている人を好きになるとのことです。

「安心感があるから」

family-1003817_960_720

元々、お父さんとは家族です。彼氏とも結婚したら、家族になります。新しい家族を構築するイメージが付きやすいから、お父さんに似た人を好きになるそうです。

父親と似たダメんずばかり好きになるのは「家庭内ストックホルム症候群」?!

14952109486_1478aca5d6_c

3つとも「そうかも・・・」と納得させられそうになりますが、ミサトのようにお父さんが嫌いな人からすれば、この定説は恐ろしいものですね。実際にツイッターなどにも、この定説に嫌だという気持ちを書き込んでいる方も多くいます。ダメな父親だった場合は「家庭内ストックホルム症候群」を引き起こし、ダメんずウォーカーの危険性が語られていますが、諦めてはいけません。なぜお父さんに似ている人を求めてしまうのか?活学的に見ていきましょう。

顕在意識と潜在意識の差が生み出す矛盾

twins-757404_960_720

「お父さんなんて嫌い。この世で一番嫌いな人」だと思っているのは、顕在意識なのです。普段、認識している部分を顕在意識と言います。反対に普段、認識していない部分を潜在意識と言います。割合としては、顕在意識が5%くらいで、潜在意識が残りの95%を占めています。この普段、認識していない部分がお父さんを求めているのです。幼いときにお父さんが好きだった気持ち、愛されたいと願っていた気持ちが残っています。そんなはずはない!と否定したくなったとしても、生まれてすぐに「愛される必要はない」と思っている人はいません。なぜなら、人間は他の生物と違って、一人では大きくなれないからです。
pexels-photo-238366

お父さんを恨んでいる人は、成長段階のどこかで愛情がもらえないことに絶望して、諦めた反動なのです。顕在意識で「父を許さない。憎い」と思いながら、潜在意識で「父に愛されたい」という矛盾を自分の中に抱え続けているのです。普段は、潜在意識を認識できないので顕在意識の方が強く、苦しむことはありませんが、何かの拍子のときに潜在意識に仕舞い込んだ「父に愛されたい」という気持ちに気がついてしまい、苦しい思いをします。
autumn-275920_960_720

ミサトは「選んだわけじゃない。父親という呪縛から逃げ出しただけ」とも語っていました。「選んだわけじゃない」は「選ばされてきた」が正しいのです。先ほど、顕在意識の方が潜在意識よりも意識下では強いと述べましたが、潜在意識は現実を作り上げる、ものすごい力を持っています。まさに、「潜在意識様のい・う・と・お・り!」と言わんばかりの出来事が起こります。つまり、ミサトの場合・・・潜在意識下で「父に愛されたい」という気持ちを持っているので、父が好きだったもの・選んできたものを、顕在意識が納得する理由をつけて選ばせます。「父に勝つため」「父を理解するため」など。
pexels-photo-185848-large

あたかもそうすることが自然であるかのように、顕在意識を納得させて、潜在意識の思ったままを実現させます。これが、活学で教えている「潜在意識の持つサーボ機能の凄さ」です。その結果、ミサトは父の働いていた場所、父に似た人を選んでいたのです。「父親という呪縛から逃げ出しただけ」というのは、潜在意識下に落とした気持ちに向き合いたくなかったことを指しています。「父に愛されたいなんて思っているなんて、そんなはずないわ!」と言った具合に、拒絶し、感情を無視して来たのです。見たくない、認めたくない気持ちを許してあげられないことが大きな問題であると言えます。自分の気持ちの奥底に「父に愛されたい」と願っている自分がいることを許してあげましょう。

憎しみは愛の一種

9301949281_9315eff097_m

愛の反対は憎しみではないのです。愛の反対は何だと思いますか?マザーテレサの言葉でも有名なので、ご存知の方も多いかもしれません。他人に向けての、愛の反対は「無関心」です。本当に愛想が尽きたならば、無関心になればいいのに「憎しみ」といった強い関心を抱いています。
twin-sisters-love-girls-blue-eyes-beauty-7

無関心になれないだけでなく、強い感情でその人を常に気にしています。暴力を振るう父親でも、妊娠させてくる父親でも、ネグレクトな父親でも・・・どんな父親でも、あなたは愛されたかったのです。お父さんを憎んでいるあなたは、お父さんを愛していると同義なのです。望んだ形で愛がもらえなかっただけなのです。愛を与えるには条件が揃っていないとならないと活学では定義しています。お父さんはあなたを愛せる条件が揃ってなくて、あなたが満足するほどの愛を与えることが出来なかったのかもしれません。お父さんも完璧な人ではないのです。まずは、お父さんを許すところから始めてみませんか?

まとめ

a1180_017115

成長期は愛をもらうことしか出来ません。それが自己愛の時期です。十分に自己愛を育てたら、今度は愛することができるようになっています。しかし、いつまでもお父さんを恨み、愛を欲しがっていては、愛する側へは回れません。ずっと誰かと比較・競争を続けることでしか自分を認めることが出来ません。いつまで、自己愛を育て続けますか?自己愛では、自分のことすら愛せません。自尊心を高める必要があります。お父さんに似ている人を選ぶというのは、親を越えていない証拠です。
girl-626826__180

反対にお父さんと違う人を選ぼうというのも、親を越えていない証拠です。あなた自身のオリジナルの考え方ではなく、親から引き継いだ考え方をしています。執着を持っている状態です。ですので、お父さんの価値観や信念を好んで自分のものにするか、嫌って拒絶しようとしてしまいます。活学でおなじみの「相反するもの」が執着にもあります。親を意識しているうちは、自立していません。彼氏がお父さんに似ているか似ていないか、そんなことを気にする必要はないのです。親の価値観・信念から抜け出し、ご自身の人生を歩むことがパートナーとの幸せな人生を創り出します。

合わせて読みたい➧エヴァンゲリオンのアスカの廃人っぷりから学ぶ!完璧主義の理由と克服方法
合わせて読みたい➧【友達ランキング】友達を順位付けしてしまう理由とやめるために必要な3つのこと